手が震えるならトリプトファンをサプリで摂取|精神的に落ち着く

症状や体質に合う物を飲む

漢方

用法や用量を守る

漢方薬は植物の根茎や樹皮などを用いて作られた生薬を症状によって組み合わせた薬のことです。生薬は自然界に存在するものから作られており、植物のほかに動物や鉱物も用いられています。体質を改善する働きがあり、冷え性や生理不順、不妊症などさまざまな症状や、未病と呼ばれる体の不調に効果があると言われています。漢方薬はさまざまな生薬を組み合わせて用いることで相乗効果が生まれますが、症状や体質、生活習慣に合った生薬を調剤してもらうことが大切です。副作用はほとんどないですが、体質によっては副作用が出る場合もあるので、漢方薬は市販薬ではなく、漢方医がいる医療機関や漢方薬局で購入するようにしましょう。大阪市内には漢方を専門とする薬局が多くあり、完全予約制で丁寧なカウンセリングを行い、病気の相談にのってくれる薬局もあります。最近では医療機関でも漢方薬を処方するケースが増えており、大阪府内には漢方内科がある病院も多くあります。新大阪駅や大阪駅周辺にも病院や薬局はあるので、遠方の方でも利用しやすくなっています。漢方薬は副作用が少ないというメリットがありますが、用法や用量を守らずに服用すると副作用が起こる可能性もあります。医療機関では西洋薬と一緒に処方されることもあり、飲み合わせの問題もあるので、医師や薬剤師の指示に従って服用することが大切です。漢方薬を服用する際、苦いからと言ってお茶やジュースと一緒に飲む方がいますが、薬の吸収が悪くなることがあるので、水か白湯で飲むようにしましょう。